浮気相手と別れさすにはどうしたらいい?

浮気相手と別れさすにはどうしたらいい?

パートナーが浮気している気配を感じたら、やはりその浮気相手と分かれて欲しいと思うものでしょう。
特に結婚していて家族がいるとなれば、今の生活を守りたいと思うものです。
本当にひとときの過ちなのであれば、すぐにあなたの元にもどってくるでしょう。
しかし、浮気の期間が長かったり、大胆に浮気するようになってくるとやっかいです。
大切な家庭を守るためにも、あなたのプライドを守るためにも早めに手を打った方が良いかもしれませんよ。

 

ここではパートナーと浮気相手を別れさすいくつかの方法を考えてみましょう。
ケースバイケースですので、参考にする程度で考えましょう。

 

また、結婚している場合には
・浮気した方には離婚を請求する権利はない
・離婚をいわれても承諾する必要はない
・浮気相手にも慰謝料を請求できる
ことを覚えておきましょう。
婚姻状態では法律上、不貞を行った方が圧倒的に不利なのです。

 

証拠を突き付ける

しっかりとした証拠を掴み、パートナーと浮気相手に突き付ける。
そして慰謝料請求の話を持ち出すのが効果的です。

 

浮気はなかなか認めたがらないものです。
しかし裁判でも通用するような客観的証拠があれば、どんな言い訳をしようと逃れられません。
いつまでも白を切っていた人も、証拠とともに慰謝料の話を持ち出すとあっさり身を引くことが多いのです。

 

確実な浮気の証拠となるには、ラブホテルなどの出入り写真、浮気相手の部屋への出入り写真(複数回のもので定期的な付き合いがあると分かることが必要です)などがあります。
メールのやり取りなどは証拠の材料にはなりますが、決定的証拠とはならないので注意が必要です。
少し素人では難しい部分もあるかもしれませんね。
浮気調査の専門家に頼むのも手でしょう。

 

本人と交渉

やはりパートナーと二人で話し合うのが正攻法です。
本人が反省したら、その場で別れの電話をかけてもらうのが良いでしょう。

 

しかし、この場合も確実な証拠がなければはぐらかされて終わってしまうことも考えられます。
交渉を有利に進めるためにも、揺るぎない証拠は重要になってきます。

 

浮気相手に交渉

少しハードルは上がりますが、パートナーの浮気相手と直接交渉する方法もあります。
あくまで冷静に、しっかりとした証拠を持って臨むのが鉄則です。
直接会わなくても、内容証明を付けて手紙を送るという方法もあります。
ただしこじれると全面戦争になる可能性もある、諸刃の剣といった手段でもあります。

 

親や上司を味方に付ける

パートナーとのその後の関係を考えるとあまりおすすめはできませんが、かなり効果的ではあります。
パートナーのご両親や、上司といった立場の強い人に相談するのです。
この際、「あくまでもパートナーのことが心配だ」というスタンスを忘れずに。
「悪い浮気相手に引っかかってしまった」という流れにするのです。

 

プロにまかせる

浮気問題を専門に扱っている業者があります。
確実な証拠を掴んでくれる探偵社などを利用する人は多いです。
また、依頼する前に無料相談があるところならば、依頼に至ることなく解決する場合もあります。
最悪、別れさせ屋のような業者もありますが、怪しい業者も多いので、どういった方法で別れさすかはしっかり確認しておきましょうね。