パートナーの浮気中にどう対応する?

浮気されたらどう対応すればいいの?

浮気されることに慣れっこなどという人はそういないでしょう。
誰しもパートナーの浮気に気付いたら動揺してしまいます。
つい感情的になって、不用意な口論をしてしまうこともあるでしょう。
しかし、準備せずに浮気を責めたてても逆に相手との隔たりを大きくしてしまうだけのことが多いのです。
パートナーが浮気していると気付きたら、どう行動するのがよいでしょう?

 

この先も関係を続けたいのであれば

信じていた相手の裏切りにショックかもしれませんが、一度できるだけ冷静になって自分がどうしたいのかを考えましょう。
本人が反省し、二度としないのであれば許すのか、それともスッパリと縁を切るのか。
浮気に対する考え方は人によって違いますので、自分の気持ちと正直に向き合うことが大切です。

 

もし、この先もその人との関係を続けていきたいと思うのであれば、ひとつだけ注意しておきたいことがあります。
それは「決して全て元通りには戻らない」ということです。
過去に浮気をされたという事実は完全に忘れされるようなものではありません。
それでも一緒にいると決めたのであれば、過去にとらわれないことを目指さなければなりません。
以前のように何のわだかまりもない関係には戻れないのです。

 

しかし、浮気発覚が転機となり、以前よりも関係が良くなることだってあります。
大切なのは二人の気持ちなのです。
今回の浮気を教訓とし、より良い関係を築こうという努力は、二人がしなければ意味がありませんよ。
浮気したパートナーを責めるだけでなく、自分は何ができるのかも考えてみましょう。

 

キッパリと別れる決断をしたなら

独身同士の付き合いであれば、浮気が元で別れることも仕方のないことかもしれません。
傷は深いでしょうが、きっぱりとお別れする決断も一つの道でしょう。
しかし、結婚していて子どももいるような場合にはいろいろと考えなければなりません。
別れた後の生活や、子どもの生活、片方が仕事をしていないのであれば収入を得る道も確保しなければなりません。
一時の感情で離婚を切り出す前に、しっかりと準備することも大切なのです。

 

特に浮気による離婚となると慰謝料の請求ということも考えなければなりません。
そのためにも浮気をしていたという確実な証拠は掴んでおきたいものです。
もし何の用意もなく離婚を切り出し、相手が浮気を認めなかった場合、最悪裁判所で争うというようなこともあり得るのです。
誰の目から見ても相手の浮気が原因であるという、確実な証拠を掴んでおきましょう。

 

しかし私たちは浮気問題や法律のプロではありません。
もし離婚を視野に入れているのであれば、プロの手を借りての浮気調査をしておくことをおすすめします。
調停や裁判でも有効となる証拠の確保は意外と難しいものです。
離婚後の新しい人生のためにもあなたが損をするような別れ方はしないように注意しましょう。