浮気をされて離婚する場合の注意点は?

浮気からの離婚問題

離婚問題といえば昔からもめることが多いものです。
もともと他人の二人、ひとたび感情がもつれれば、今までの生活など嘘のような争いが繰り広げられることもあるのです。
円満に解決するに越したことはないですが、交渉がもつれた時のための準備があった方がよいでしょう。
相手の浮気が原因で離婚するのですから、当然こちらが有利に話を進められるはずです。
しかし一度調停や裁判ともなると、相手もこちらの重箱の隅をつつくような攻撃をしてくるかもしれません。
浮気が原因で離婚する際の注意点を覚えておきましょう。

 

証拠は確実に!

何といっても確固たる証拠がなければ戦えません。
浮気、つまり不貞行為の証拠として認められるものは意外と少ないものです。
証拠写真にしても、しっかりと二人の顔が写っていなければならなかったり難しいものです。
やはりプロの探偵社などに依頼するのが確実かもしれません。
その際も実績や調査方法などをしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。
中には素人同然の調査をするところもあるので注意ですよ。
事前に無料相談できるようなところが安心ですね。

 

慰謝料請求の注意点

浮気が原因で離婚するとなれば、されたあなたは精神的苦痛の損害賠償として慰謝料を請求することができます。
この際、浮気したパートナーだけでなく、浮気相手に対しても請求することもできます。
これはけっこう有名なので、知っている方も多いと思います。
浮気は決して一人でできるものではありません。
もしパートナーが強引に誘って浮気に発展していたとしても、浮気相手にも責任があるという扱いになります。

 

もうひとつ注意しておきたいことがあります。
それは浮気以前に夫婦関係が破たんしていた場合、浮気が原因で離婚に至ったと認められない場合があることです。
浮気に関係なく破たんした関係なのだから、慰謝料を請求することもできなくなってしまいます。
ここを逆手に取られて、浮気した方が「もともと破たんした関係だった」と主張してくることもあります。
離婚で慰謝料を請求する際は、事前からの準備が大切なのです。

 

浮気されて離婚する時誰に相談する?

浮気が原因の離婚で、しっかりと損することなく終わらせたいと思うのであれば、やはり法律に明るい弁護士などに相談するのが一番でしょう。
ただし注意しておきたいのが浮気の証拠についてです。
弁護士があなたの代わりに証拠集めをしてくれるようなことはありません。
確実に勝てる証拠が欲しいのであれば、探偵社などのプロの調査を依頼するのが得策です。
最近では探偵社でも浮気の相談を受け付けてくれるところが多いので、無料のところを試してみるのも良いでしょう。