結婚してなければ浮気しても責められない?

独身同士の浮気は仕方ない?

結婚している人が浮気するのは間違いなく倫理に反することです。
婚姻関係にある人が他の人と肉体関係を持つのは、不貞行為として扱われます。
法律で罰則がある訳ではありませんが、精神的損害賠償などを求められれば応じなければなりません。

 

では、独身同士の恋愛においての浮気はどうでしょう?
もちろん浮気されて嫌な気がしない人はいないでしょうが、特に法律に触れることではありません。
あくまで本人同士のお付き合いの問題となってしまいます。
その後付き合いを続けるか、そこでお別れするかも本人達次第というところでしょう。

 

しかし、浮気された側にすると、ただただ傷付けられるだけの行為ですよね。
そのまま付き合うにしても、別れたとしても傷は残ります。
下手すると異性を信じることが難しくなってしまったりもします。
浮気というのはそれほど人を傷つける行為だということは、結婚しているいないに関係のないことではないでしょうか。

 

浮気した人への制裁

民事上では対象外となってしまう独身同士の浮気ですが、何かしら浮気した人への制裁があってもいいでしょう。
やはり堪えるのは「他人の目」ではないでしょうか。
「あの人は付き合っている人を裏切って浮気した」という周囲の評判はすぐに広がるものです。
友人付き合いが共通しているカップルならば、友達を失うこともあるでしょう。
浮気をしたという事実をより真摯に受け止める要素になると思いますよ。

 

しかしそのためには、相手にしっかりと浮気した事実を認めさせることが大切です。
やはり、浮気の確実な証拠を掴んでから今後の二人のことを話しあった方が良いでしょう。
証拠も持たずただ責めたてても、言い逃れされて終わりです。
最悪パートナーは去っていき、傷ついたあなただけが一人残されることになってしまいます。
何事も準備は大切なのです。

 

婚約者の浮気への対応

独身同士のカップルの浮気に民事が関わることはありませんが、婚約しているとなると話は別です。
どの程度で婚約が成立しているとみなされるかは判断が難しいとこではありますが、婚約者の浮気が原因で別れる、つまり婚約破棄となって場合にも相手とその浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。
もちろんこの際も確実な浮気の証拠が必要となりますので、一度無料の浮気相談などを受けてみるのもいいかもしれません。
また、婚約していながらも結婚する意志はなかったとなれば、詐欺罪などに問われる場合もあります。
こちらも素人では判断が難しいので、専門家に相談することをおすすめします。

 

ちなみに婚約というのは法律上では「婚姻予約」と呼ばれます。
結婚の約束を交わしている間柄で、お互いに誠意を持って結婚生活へ向けて努力しなければなりません。