W不倫の解決法は?

W不倫の解決は複雑

お互いに配偶者がいる同士の浮気、不貞のことをW不倫と呼びます。
不倫が発覚してあっさりと浮気を止めることができて、お互いに元のサヤに収まることができればよいのですが、なかなかそうは上手くいきません。
離婚問題、慰謝料請求問題へと発展すると一気にややこしくなってしまいます。

 

まず、浮気が原因で離婚となった場合、浮気された側はパートナーとその浮気相手両方に慰謝料を請求することができます。
浮気相手が独身の場合これで済む話ではあります。
しかしW不倫の場合、浮気相手にも配偶者がいる訳です。
もし浮気相手が離婚ということになると、浮気相手の浮気相手、つまりあなたのパートナーに慰謝料が請求されることもあるのです。
お金の話ばかりでウンザリしますが、現実によくあることでもあります。
例えばW不倫の末、それぞれの夫婦がそのままの結婚生活を続ける場合、お互いの浮気相手への慰謝料は相殺されるなんてこともあるのです。

 

また少しやっかいなこともあります。
例えばあなたのパートナーがW不倫していると気付くとします。
何とか止めさせようと考え、あなたが浮気相手本人でなく浮気相手の配偶者へ話を伝えたとします。
ここでしっかりとした証拠もなく動いてしまうと、浮気相手から名誉毀損で訴えられるということも考えられるのです。

 

結婚している人(内縁も含む)や、婚約している人の浮気問題は、こういった民事上の争いに巻き込まれるケースが多いのです。
ましてや浮気している二人ともが配偶者のいるW不倫になると、浮気の解決はそうやすやすと終わることのない問題になってしまうのです。
さらにお互いに子どもがいたりすれば養育費などの問題も関わってきますよね。

 

しっかりと解決するために

完全に解決するためには、まず不倫があったという事実をしっかりと二人に認めさせることが重要です。
確固たる証拠が無ければ、何をいってもシラを切られてしまえばお終いです。
不倫、すなわち不貞行為があったという確実な証拠を掴むことが大切です。

 

不貞行為とは、平たくいえば肉体関係を持つということです。
肉体関係を持った証拠といっても、何もそのものズバリの現場を押さえなくても大丈夫です。
ラブホテルに出入りする二人の写真などがあれば大丈夫です。

 

しかし本人に顔がバレている人がバレないように証拠現場を押さえるのは非常に難しいです。
万が一現場でバレてしまったら、今後ますます隠すようになってしまい、確実な証拠を取れなくなってしまいます。

 

探偵社などに相談にくるケースで多いのが、自分で証拠を押さえようとしているのがバレてしまい、身動き取れなくなって相談にくるというケースです。
こうなると依頼された探偵社もしばらく動きが取れません。
よほど自信がなければ最初からプロに頼んだ方が解決が早くなるのです。