浮気されたら慰謝料を取れるの?

パートナーに浮気されたら慰謝料を取れる?

信頼していたパートナーに裏切られ、浮気行為をされていた人にとって大きな精神的損害ですよね。
ここで慰謝料の問題が出てきます。
浮気された時に慰謝料を取れるのはどういった場合でしょうか?

 

浮気による慰謝料は、刑事罰ではありませんので法律で規定が定められている訳ではありません。
民事上の調停などで、調停員・裁判官などによって妥当と思われる額が請求されることになります。

 

夫婦間での浮気による慰謝料について

婚姻は法律上の契約になります。
婚姻関係にある状態で不貞行為である浮気が発覚すれば、当然慰謝料を請求することができます。
また浮気が原因で離婚ということになれば、調停離婚などにおいても有利な条件を受けることができます。

 

厳密に不貞行為によって慰謝料がいくら、という決まりはありませんが、不貞行為の内容によって客観的な視点で金額が提示されることになります。
もちろん話し合いの上で双方が納得する形になれば一番なのですが、交渉がもつれて裁判になることも多いです。
やはりその時大事になってくるのは証拠ですね。
最悪、証拠が無いと調停などで不貞行為が認められないようなこともあります。
もし、浮気から離婚、調停、裁判などとなるようであれば、早めに離婚問題のプロに相談することをおすすめします。

 

婚約状態での浮気による慰謝料について

婚約している相手が浮気をしてしまうことによって、婚約破棄となってしまうことがあります。
この場合の慰謝料請求は、夫婦の場合よりもややこしくなります。
まず民法上では婚約の規定がされていません。
基本的には両者の合意によって婚約が成立するとなりますが、この合意に対する解釈や判断があいまいなために意見の相違が生まれてしまうのです。
愛し合って付き合ってる間は問題ないのですが、一旦仲がこじれてしまうと婚約していたとは認めないというケースも多いのです。
もし婚約している人との浮気問題が発覚したのなら、法律の専門家や浮気問題のプロに相談するのが賢明かもしれません。

 

独身同士のカップルの浮気の場合

独身の男女間での恋愛においての浮気などのトラブルの場合、残念ながら慰謝料の請求へと発展するのは難しいでしょう。
ただし、結婚詐欺ですとかDVといった刑事罰にあたるケースには慰謝料が発生する場合があります。
専門の無料相談などを利用してみることをおすすめします。

 

慰謝料を請求する際の注意

まず浮気問題が起こったら、一人で抱え込まないようにしましょう。
あなたが下手に動いてしまうと、相手にバレて証拠を隠滅されてしまうことも考えられます。
確実な証拠が無ければ、示談や和解でさえも不利になってしまいます。
一番望ましいのは、浮気や慰謝料問題のスペシャリストに相談することです。
弁護士事務所や探偵社などでは無料で相談を受け付けてくれますので、まず相談してみましょう。
ただし、弁護士事務所などでは証拠集めなどは協力してくれない場合もあります。
また、探偵社はちょっと・・・と思うかもしれませんが、多くの浮気問題を扱ってきた実績のあるところならば、証拠集めから慰謝料請求まで的確なアドバイスをしてくれますよ。