パートナーの浮気相手にも報復したい!

パートナーの浮気相手への報復

浮気をされた、ということは当然パートナーだけでなくその浮気相手が存在する訳ですよね。
ずっと騙してきたパートナーにも腹が立ちますが、浮気相手も許せない!という人は多いでしょう。
特にこちらが結婚していた場合、その事実を知りながら浮気するなんてちょっと罰を与えたいと思う人もいるでしょう。

 

ここではパートナーの浮気相手に報復するにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

 

唯一無二の報復方法

浮気されたことに対する報復といっても、何をしても許される訳ではありません。
下手するとあなた自身が訴えられるようなことになりかねません。
ここは冷静に、法律的にどういった制裁を与えることができるか考えてみましょう。

 

まず浮気問題でパートナーの浮気相手に要求は精神的苦痛に対する慰謝料でしょう。
浮気をしたパートーナーだけでなく、その浮気相手にも請求することができるのです。
ただし、あなたとパートナーの関係が婚姻関係、内縁関係、婚約関係になければ難しいです。

 

そして大切なのが法廷でも有効な確実な証拠です。
浮気、つまり不貞行為があったと誰の目にも明らかになる証拠がなければ、あっさりと却下されてしまうことも多いのです。
例えばメールのやり取り。
密会の連絡や日々のやり取りが頻繁に行われていても、それでかでは証拠としては弱いのです。
実際に不貞行為(肉体関係)をしていたと判明できるような内容のものでなければ難しいのです。
浮気をしている同士でそんなメールをやり取りすることはあまりないですよね。
他にも相手の家へ出入りしている写真。
これも一度や二度では証拠として弱くなります。
継続的に長期間通い、かつ宿泊していることが分かる写真でなければ難しいです。
逆にラブホテルなどへの出入りの写真は一発で有効です。
いくら「中で話をしていただけだ」などと言い訳しても通用しません。

 

浮気の証拠を確保するには専門家の助けなどを借りた方が確実かもしれません。
無料で相談だけ受けてくれる探偵社や弁護士事務所もありますので、まず動いてみるのもいいかもしれません。

 

また、子どもがいる場合、あなたが引き取ることになれば当然養育費を請求することができます。
パートナーも浮気相手も経済的制裁を受けさせることができます。
(そうなったら浮気相手は離れていくかもしれませんね)

 

そして、こうしたキチンとした報復をすることで、浮気をした二人には社会的制裁が加えられることになります。
本人たちの周囲に知れることとなりますので、一番厳しい報復となるのではないでしょうか?

 

間違っても感情にまかせて浮気相手に暴力をふるったり、部屋にいきなり乗り込むようなことのないように。
そんなことをしてもあなたが損をするだけなのです。