浮気調査の探偵社はどうやって選ぶ?

失敗しない浮気調査のための探偵社の選び方

浮気問題を円滑に解決するためには、確固たる証拠を掴むことと、確実な状況把握が大切になってきます。
浮気調査を依頼する探偵社を間違えてしまうと、解決できるものも壊れてしまう可能性があります。
中にはぼったくりとも取れる悪質な業者もいるのです。

 

浮気調査で失敗しないための探偵社選びの注意点を考えてみましょう。

 

探偵業法の届け出をしているか?

探偵業法とは、増えつつある探偵業の適正化をはかるために定められたもので、探偵業を営む業者は各都道府県の公安委員会に届け出を出します。
届け出している業者は審査を受け証明書を交付されています。
まず、探偵業を営む業者としての第一段階をクリアしているかどうかの目安になるでしょう。

 

会社の所在地や概要が公開されているか?

こちらも基本中の基本ですが、ホームページなどでしっかりと所在地や会社概要が公開されているかどうかチェックしましょう。
逆にこれが無ければ、何かしら怪しい部分があると踏んでも良いでしょう。

 

やたらと契約を急かさないか?

相談内容や浮気の状況もよく聞かないうちから、料金の説明に入ったり契約を急かせるようなことはないでしょうか?
一旦契約を交わしてしまうと、悪質な業者ほどキャンセルが難しくなるものです。
契約前に疑問点は全てクリアしておくようにしましょう。
もちろん契約書の内容には全て目を通し、分からないことがあればしっかりと確認しておきましょう。
そういった確認作業を面倒臭がるような業者は避けた方が良いでしょう。

 

調査料金が異常に安くないか?

費用の面は探偵社を選ぶ大切なポイントではありますが、安さばかりに目がくらんでしまってはいけません。
相場よりも安いからと依頼してみたら、実際の調査とはGPSを使った位置確認だけだったなどという例もあるのです。
もちろん慰謝料請求などに使えるような確固たる証拠など掴めていないのです。
費用とともに調査方法・調査内容をしっかりと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

違法調査を宣伝していないか?

「電話番号から所有者を割り出します!」など、違法な調査を宣伝しているような業者は避けましょう。
また、復縁工作や別れさせ屋なども限りなくグレーな行為をしている可能性が高くなります。

 

協会や団体に加入している?

探偵業や調査業の集まる協会や団体は数多く存在します。
中には実態のないような団体も多いですので、注意して見極めなければなりません。
その団体のホームページなどをチェックし、どれくらいの探偵業者が加入しているか確認するのもよいチェック材料になるでしょう。