浮気ってどこからが浮気?境界線は?

浮気ってどこからが浮気?

実は人によってまるで違っているのが「浮気の定義」です。
人によっては自分のいない場所で他の異性と会っているだけでも浮気だとする人もいます。
この浮気の定義の違いによって喧嘩になることも多いですよね。

 

特に男性女性では浮気の定義にズレが大きいようです。
男性は「これくらい何ともない」と思っていても、女性にしてみれば「あり得ない!」となってしまうのです。
かといってあまりそんな話をカップルで話し合う機会も少ないでしょう。
しかし、どういったことをすれば相手が嫌がるのか、何をすれば浮気と思われるのかは意識しておいても良いでしょう。

 

浮気の境界線アンケート

どこからが浮気と思うか?というアンケート(ウレぴあ総研調べ)の結果を見てみましょう。

 

・男性が浮気だと思う女性の行動
1位・SEXしたら:31.2%
2位・異性と二人きりででかけたら:18.4%
3位・キスしたら:16.0%
4位・「好き」という感情が芽生えたら:12.8%
5位・手をつないだら:8.8%
6位・恋人がいないところで異性と会ったら:7.2%
7位・その他:5.6%

 

・女性が浮気だと思う男性の行動
1位・「好き」という感情が芽生えたら:27.12%
2位・キスしたら:20.34%
3位・手をつないだら:16.95%
4位・異性と二人きりででかけたら:16.1%
5位・SEXをしたら:14.41%
6位・恋人がいないところで異性と会ったら:4.24%
7位・その他:0.85%

 

あくまで参考、という感じではありますが、男女の浮気に対する考え方の違いがよく分かりますね。
男性はSEXは浮気、女性は好きになったら浮気、という感じでしょうか。
ちょっと乱暴ですが、おおむね間違いでもないかもしれません。

 

逆に、この結果は、「自分がここまでしたら浮気になる」という気持ちも入っているかもしれませんね。
男性は「SEXしなければ浮気じゃない」、女性は「好きになってしまったらもう浮気」と考えている人は多いのではないでしょうか?

 

キャバクラや風俗は浮気になる?

男女でも人によってもかなり意見が別れるのが、キャバクラや風俗は浮気になるのか?というところではないでしょうか?
男性でも特に社会人であれば、仕事の付き合いでキャバクラを利用することも多いでしょう。
風俗関係は人によりますが、全く気持ちが入ってない時点で浮気にはカウントしないという人も多いかと思います。

 

しかし女性にとってみれば「どちらも許せない!」という気持ちがあるでしょう。
「仕事がらみなら仕方ない」と割り切る女性もいるでしょうが、気持ちのよいものではありませんよね。
男性は女性の気持ちを思いやることを忘れないようにしましょう。
あなたにとっては仕事の延長であっても、パートナーにとっては我慢していることかもしれないのです。

 

慰謝料を請求できる浮気はどこから?

さて、ここまでは人それぞれの浮気の考え方であったので、ハッキリとした定義はありません。
しかし、浮気によって慰謝料を請求しようとなるともう少し定義が定まってきます。

 

浮気による慰謝料の請求は民法によって裁かれますが、浮気(不貞行為)をハッキリと定義付けている条文はありません。
ただし、過去の判例から「浮気の境界線」というものは存在します。
民法上で浮気と認められるのは「肉体関係があった場合」になります。
二人だけで会っているとか、キスをしたとか、親密な内容のメールをやり取りしているなどといったことだけでは、浮気とは認められないのです(参考にはなります)。

 

つまり、浮気によって慰謝料を請求する際には、肉体関係を持ったという証拠が必要になるということです。

 

ただし、婚姻関係にある、または婚約関係(の一部)、内縁関係にある男女の場合でなければ法律で保護されることはありません。
独身同士のカップルの場合に浮気による慰謝料の請求は難しいでしょう。

 

また、慰謝料の請求に関しては、相手が風俗店(いわゆる本番行為があるとされる店)へ行った証拠があれば請求できます。
店の従業員に対しての請求はできませんが、「風俗店ならばOK」ということはありません。